コンセプトConcept

“こころ”と“からだ”を健やかに育てる家

もくもこの家

「もくもこの家」、ちょっと変わった名前でしょうか?
実は、もく=木、もこ=羊のもこもことした毛をイメージした造語で、「子どもたちに、こんな家で育ってほしい」という願いからうまれました。子どもたちがのびのび健康で育つために特にこだわったのは、良質な自然素材のみを使うこと。有害な物質が出ない素材や、有害な物質を取り除く素材、体に優しい安全な素材を厳選したシリーズがうまれました。肌に触れる仕上げ部分だけでなく構造体まで、家丸ごとで呼吸する素材を使った家です。
家族みんなが本当に安心して長く住める家、それが私たちが心を込めて造る「もくもこの家」なのです。

安心の住宅性能

朝起きてから、夜眠るまで。春夏秋冬、四季折々を過ごす家は、家族みんながもっとも心安らぐ場所であるべきだと考えます。
地震や台風、夏の暑さや冬の寒さを心配しなくてもいいように、いつも楽しく笑顔で過ごせるように。
その土台となる家を創る。それがひらおか建築の安心基準です。
CHECK耐震
地震に耐える「ベタ基礎一体打ち工法」

地震に耐える
「ベタ基礎一体打ち工法」

突然の地震に備えるために、もっとも重要なのが基礎部分です。ひらおか建築はどの家を建てるときにも地盤調査を実施。必要に応じて地盤補強を行った上で、頑丈な基礎をつくります。特にこだわっているのが「ベタ基礎一体打ち工法」による基礎づくり。雨水が入らず、シロアリも侵入しない工法で、家を長く保つことができます。また、基礎配筋と呼ばれる部分も独自の基準を採用。基礎幅150mm、ベタ基礎厚み150mm、全ての鉄筋の太さはD13と、公庫仕様とされている基礎の基準寸法以上のものを使い、みなさまの大切な家を揺れから守ります。

CHECK断熱
「夏涼しく、冬暖かい」熱に強い家

「夏涼しく、冬暖かい」熱に強い家

ひらおか建築の家づくりの大きな特徴の一つ、それが「羊毛断熱材サーモウール」です。湿気が多い日本の気候に合ったこの断熱材は、優れた調湿機能を持つ素材で、カビやダニの温床となりやすい壁内結露を予防。ホルムアルデヒドを吸着する優れた機能も持っています。また、家の重要な構造部分、床・建具に無垢材を使用。ゆっくり低温で乾燥させた富士ひのきは、年月を経ても保温調湿効果が保ちます。太陽光発電も取り入れたエネルギー効率のいい家で、いつもいつまでも快適に過ごしてほしい。そんな思いで素材を選んでいます。

動画で観る ひらおか建築の基礎工事「ベタ基礎一体打ち工法」

「もくもこの家」
こだわりの自然素材

MATERIAL

01

羊毛断熱材

羊毛断熱材

その名の通り、羊の毛を使った人にも地球にも優しい断熱材です。ウール特有の縮れた繊維は空気をたくさん蓄えられるので、優れた断熱効果があります。さらに壁内結露を防ぎ、じめじめした梅雨はカラリと、乾燥した冬場は水分を放出して一年中快適に過ごせます。

「羊毛断熱材」のココがすごい!

  • 調湿効果
  • 消臭効果
  • 騒音吸収
  • 防火効果

MATERIAL

02

備長炭の防蟻剤

備長炭の防蟻剤

木の家は防蟻・防腐の処理が必要になりますが、農薬系のものは効果が5年と短く、揮発成分が空気を汚しシックハウスの原因の一因とされています。そこで人体には無害で、高い防蟻防腐効果がある備長炭のエコパウダーBXを使うことにしました。これでお部屋の空気を汚すことなく、長期に渡ってシロアリなどから家を守ります。

「備長炭の防蟻剤」のココがすごい!

  • シロアリや昆虫類に有効
  • 家の空気はずっとキレイ
  • 人体に無害だから安心
  • 長期に渡って効果が続く

MATERIAL

03

富士ひのき

富士ひのき

家の重要な構造部分(柱や土台)は全て富士で育った檜を使います。富士ひのきはゆっくり低温で乾燥され、さらに含水率15%に管理された木材なので、年月が経っても収縮の狂いが少ない高級品。保湿&調湿効果に加え殺菌性もあるので、空気をキレイにしてくれます。それを腕の確かな職人たちが、丁寧な仕事で仕上げていきます。

「富士ひのき」のココがすごい!

  • 調湿効果
  • 強度、耐久性に優れている
  • 防虫、殺菌効果
  • 安心のSGEC認証材