ひらおか建築の家づくり

地元産の檜でつくる

近年では、安価な輸入木材を使った家が多く、国産材が使われる事が少なくなりました。自分の家の木材がどんな経路をたどって日本にきたのか、どんな薬剤の防虫・防カビ・防腐処理がされているのか、誰も教えてはくれません。
ひらおか建築では、地元富士山で育った檜を使います。そして、自然素材の木炭塗料を塗るので、防カビ剤・防腐剤などの化学薬品を使いません。
日本の木を伐採しては二酸化炭素が減らないのでは?と思った方もいるかもしれません。
しかし、意外と知られていないのですが、本当はその逆で、手入れをしない山はその働きをしないのです。日本の山の、地元の木を使うことで二酸化炭素削減に貢献できるのです。そして、地産地消は地元の林業の活性化にもつながります。

地元の職人が建てる

私たちは地元の大工です。地元で育った木の性質をよく理解し適材適所にそれを使います。
また、家の良し悪しは大工職人の腕次第で変わると自負していますから、時間と手間を惜しまずに丁寧な仕事をしています。
そして、私たちの現場は、お客様の声がきちんと届きます。今までにご縁を頂いたお客様は私たちの現場を実際にご覧いただき、その違いを実感して頂いています。

自然素材でつくる

シックハウス症候群、アトピー性皮膚炎、アレルギー体質、これらの原因の1つとして、接着剤で板を貼り合わせたできた安価な建材に含まれる接着剤や防虫剤などのVOC類が挙げられます。
目先の便利さ、値段の安さを優先した結果、これらの建材を使った家は寿命が短く、建て直すとしてもそれらは産業廃棄物として、地球を汚すことになるのです。
Lohausは、住む人の健康、安全、安心を一番に考え、安全性の確認された確かな自然素材を使っています。

あなたの家族が主役です

大切な家族が今よりも幸せに、そして楽しく暮らしたい。
マイホームづくりのきっかけはこんな思いが原点だと思います。
ひらおか建築と一緒に造る家は、あなたの家族のライフスタイルに合わせた間取りやデザインを提案する自由設計の「注文住宅」です。